監査チェックリスト 経営・コーポレートガバナンス

投資家と企業の対話(基本事項)

投資家と企業の対話(エンゲージメント) (47 ダウンロード)

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

監査目的

投資家と企業の対話に係る体制・プロセスについて整備状況の有効性を評価する。

監査人に求められる専門性

  1. 投資家と企業の対話(エンゲージメント)に関する知識・経験
  2. 上場企業におけるIR(インベスターズリレーション)に関する知識・経験

監査項目

監査項目項目数
1.経営環境の変化に対応した経営判断3項目
2.投資戦略・財務管理の方針2項目
3.CEOの選解任・取締役会の機能発揮等4項目
4.政策保有株式 項目6項目
5.アセットオーナー1項目

参考元情報・出所:経済産業省「投資家と企業の対話ガイドライン」(平成30年6月1日)

投稿者

内部監査.com
内部監査.com