監査チェックリスト 金融内部監査 信託

信託・併営業務管理態勢

信託・併営業務管理態勢 (3 ダウンロード)

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

監査目的

信託の併営業務管理に関する体制・プロセスについて整備状況の有効性を評価する。

監査人に求められる専門性

信託における併営業務管理に関する知識・経験

監査項目

監査項目項目数
併営業務管理態勢の整備・確立状況8項目
併営業務管理部門の態勢と役割5項目
併営業務実施部門における管理者の役割2項目
受託審査の適正性2項目
遺言書の管理の適正性5項目
遺言執行及び遺産整理の適正性7項目
新規受託の適正性1項目
株主名簿管理等事務手続3項目
株主名簿の確定3項目
決算事務手続4項目
情報管理1項目
業務運営の適正性1項目
媒介受付(媒介契約締結)の適正性1項目
媒介活動(売買契約締結)の適正性8項目
売買契約締結後の管理の適正性1項目
契約締結の適正性1項目
業務執行の適正性18項目
不動産関連併営業務の委託3項目
年金数理関係業務の適正性3項目
管理関係業務の適正性7項目

参考元情報・出所:金融検査マニュアル(預金等受入金融機関に係る検査マニュアル)平成29 年5月

投稿者

内部監査.com
内部監査.com