総務省「脆弱なIoT機器及びマルウェアに感染しているIoT機器の利用者への注意喚起の実施状況」

総務省・NICT・ICT-ISACは、2020年1月28日に、マルウェア感染が検知されたIoT機器の状況を公表しました。

出所:総務省 脆弱なIoT機器及びマルウェアに感染しているIoT機器の利用者への注意喚起の実施状況(2019年度第3四半期)(https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01cyber01_02000001_00058.html)より抜粋

内部監査への視点

当該調査により、現時点ではリスクは相当程度低減されているものと分かりますが、特に製造業などにおいては今後もIoTの重要性は飛躍的に増大することが予想されます。

内部監査は、今後もこの状況が定着化するよう、引き続き適切なID・パスワードの設定やファームウェアの最新版へのアップデート等のセキュリティ対策のプロセスの有効性を評価することが重要となるでしょう。

参照元・ウェブサイト

総務省

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01cyber01_02000001_00058.html

PDF

https://www.soumu.go.jp/main_content/000665799.pdf

[post_footer]
内部監査.com

内部監査.com内部監査.com

記事一覧

内部監査の総合情報サイト テンプレート・ツール、ニュース、基準・ガイドライン、セミナー・研修、求人等の内部監査に役立つ情報を紹介!

http://xn--v6q806ccrkilz.com

関連記事

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. IIA「OnRisk2020」

  2. 予備調査

  3. 産業用制御システム(ICS)のセキュリティ -10大脅威と対策 2019-

  4. 日本取締役協会「経営幹部のためのコーポレートガバナンス研修 」

  5. IIA国際基準の考察(基準1300/1310/1311 – 品質のアシュアランスと改善のプログラム)

  6. 金融庁「記述情報の開示の充実に向けた研修会」

  7. 経済産業省・総務省「クラウドサービスの安全性評価に関する検討会 とりまとめ」

  8. 総務省「5G国際シンポジウム2020」

  9. 日本内部監査協会「IIA-Bulletin 対策の再考:パンデミックとサイバーセキュリティ(仮訳)」

  10. IPA「情報システムの障害状況一覧」

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)