規程類・マニュアル類

任意設置の諮問委員会規程サンプル

任意設置の諮問委員会規程サンプルのダウンロード

ダウンロードには、会員登録が必要です。

任意設置の諮問委員会規程サンプル (13 ダウンロード)

規程整備の目的

1

コーポレートガバナンス・コードの【原則4-10.任意の仕組みの活用】を踏まえた諮問委員会の整備

関連するコーポレートガバナンス・コードの原則

内容
番号
上場会社は、会社法が定める会社の機関設計のうち会社の特性に応じて最も適切な 形態を採用するに当たり、必要に応じて任意の仕組みを活用することにより、統治機 能の更なる充実を図るべきである。
【原則4-10.任意の仕組みの活用】
上場会社が監査役会設置会社または監査等委員会設置会社であって、独立社 外取締役が取締役会の過半数に達していない場合には、経営陣幹部・取締役の 指名・報酬などに係る取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任を強化する ため、取締役会の下に独立社外取締役を主要な構成員とする任意の指名委員 会・報酬委員会など、独立した諮問委員会を設置することにより、指名・報酬 などの特に重要な事項に関する検討に当たり独立社外取締役の適切な関与・助 言を得るべきである。
補充原則 4-10①

新着テンプレート

  1. 「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」全社データ(2020年9月時点)

  2. 事業再編

  3. 前払式支払手段業

  4. 貸金業

  5. 暗号資産・仮想通貨交換業

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 金融庁「ブロックチェーンに関する新しい国際ネットワーク(BGIN)の設立について」

  2. 日本銀行「ビッグデータとAIのファイナンスへの利用 」

  3. 内部監査とは

  4. IIA「OnRisk2020」

  5. 東芝ITサービス株式会社で架空取引

  6. 予備調査

  7. IIA国際基準の考察(1110 ─ 組織上の独立性/)

  8. IIA国際基準の考察(1130 ─ 独立性または客観性の侵害 )

  9. 金融庁(IOSCO)「暗号資産取引プラットフォームに関する論点、リスク及び規制に係る考慮事項」

  10. 第6回 個別の内部監査(2)

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)