監査チェックリスト

コーポレートガバナンス(適切な情報開示と透明性の確保)

対象業種・業態
全業種・全業態に適用可
対象会社
大規模法人

チェックリストのダウンロード

以下のリンクをクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

[ダウンロードが見つかりません]

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

監査目的

1

適切な情報開示と透明性確保に関する管理体制・プロセスについて整備状況の有効性を評価する

監査人に求められる専門性

1

コーポレートガバナンスに関する基本的な知識・経験

2

上場会社でのIR(インベスターズリレーション)に関する知識・経験

監査項目

監査項目
項目数
適切な情報開示と透明性の確保
7項目

参考元情報・出所:東京証券取引所「コーポレートガバナンス・コード」(2018年6月1日)

新着テンプレート

  1. 「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」全社データ(2020年9月時点)

  2. 事業再編

  3. 前払式支払手段業

  4. 貸金業

  5. 暗号資産・仮想通貨交換業

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. IIA「OnRisk2020」

  2. 日本内部監査協会「日本版スチュワードシップ・コード(案)に対する意見提出」

  3. IIA国際基準の考察(1320/1321/1322)

  4. 内部監査実施要領・マニュアル

  5. IIA国際基準の考察(2400 ─ 結果の伝達)

  6. 金融庁「ブロックチェーンに関する新しい国際ネットワーク(BGIN)の設立について」

  7. IIA「RETHINKING PREPAREDNESS: PANDEMICS AND CYBERSECURITY」

  8. IPA「DXに対応する人材のあり方研究会」

  9. 産業用制御システム(ICS)のセキュリティ -10大脅威と対策 2019-

  10. 金融審議会市場ワーキング・グループ 「市場構造専門グループ」報告書 の公表について

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)