監査チェックリスト

AI・人工知能の利活用

対象業種・業態
全業種・全業態に適用可
対象会社
指定なし

チェックリストのダウンロード

以下のリンクをクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

AI利活用 (18 ダウンロード)

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

監査目的

1

AI・人工知能の利活用に関する体制・プロセスについて整備状況の有効性を評価する

監査人に求められる専門性

1

AI・人工知能を用いた事業や業務の企画に関する知識・経験

2

情報システム管理に関する基本的な知識・経験

監査項目

監査項目
項目数
① 適正利用
11項目
② 適正学習
5項目
③ 連携の原則
5項目
④ 安全の原則
3項目
⑤ セキュリティの原則
6項目
⑥ プライバシーの原則
6項目
⑦ 尊厳・自律の原則
6項目
⑧ 公平性の原則
5項目
⑨ 透明性の原則
4項目
⑩ アカウンタビリティの原則
6項目

参考元情報・出所:総務省「AI利活用ガイドライン」(令和元年8月9日)

新着テンプレート

  1. 「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」全社データ(2020年9月時点)

  2. 事業再編

  3. 前払式支払手段業

  4. 貸金業

  5. 暗号資産・仮想通貨交換業

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 総務省「プラットフォームサービスに関する研究会 最終報告書」

  2. 金融庁「記述情報の開示の充実に向けた研修会における説明資料」

  3. ISACA 北米CACS

  4. IIA「Data Governance: What Directors Need to Know Now」

  5. NISC「重要インフラ専門調査会 第21回会合」

  6. 日本公認会計士協会「最近の不適切会計に関する報道等について 」

  7. IIA国際基準の考察(基準1300/1310/1311 – 品質のアシュアランスと改善のプログラム)

  8. マッキンゼー「COVID-19: ビジネスへの意味合い」

  9. IPA「情報システムの障害状況一覧」

  10. インターネット・バンキングによる預金の不正送金事案

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)