監査チェックリスト

スチュワードシップ(基本事項)

対象業種・業態
機関投資家等
対象会社
指定なし

企画・部門運営ツールのダウンロード

以下のリンクをクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

スチュワードシップ(基本事項) (10 ダウンロード)

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

監査目的

1

機関投資家としてのスチュワードシップに関する体制・プロセスについて整備状況の有効性を評価する

監査人に求められる専門性

1

機関投資家におけるスチュワードシップに関する知識・経験

監査項目

監査項目
項目数
スチュワードシップの方針
5項目
利益相反管理
4項目
投資先企業の状況把握
10項目
議決権の行使
6項目
顧客・受益者への定期報告
4項目
事業環境等への理解、判断能力
5項目
機関投資家向けサービス提供者
3項目

参考元情報・出所:金融庁「「責任ある機関投資家」の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》」(令和2年3月24日再改訂)

新着テンプレート

  1. 「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」全社データ(2020年9月時点)

  2. 事業再編

  3. 前払式支払手段業

  4. 貸金業

  5. 暗号資産・仮想通貨交換業

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. かんぽ生命の特別調査委員会の報告書

  2. 日本取締役協会「経営幹部のためのコーポレートガバナンス研修 」

  3. 日本銀行「ビッグデータとAIのファイナンスへの利用 」

  4. 内部監査実施要領・マニュアル

  5. NISC「サイバーセキュリティ関係法令 Q&A ハンドブック」

  6. 第2講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  7. インターネット・バンキングによる預金の不正送金事案

  8. 第6回 個別の内部監査(2)

  9. IIA国際基準の考察(1110 ─ 組織上の独立性/)

  10. 内部監査規程

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)