個別監査の書式類

質問票

業種・業態
全業種・全業態に適用可
対象会社
小規模法人向け

チェックリストのダウンロード

以下のリンクをクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

質問票 (50 ダウンロード)

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

概要

「質問票」は、個別監査計画において監査チームから監査対象に発出される質問と、それに対する回答を記載するための資料です。

質問票は、内部監査の局面を問わず利用できますが、特に監査対象に対して文書での正式な回答を求め、そのやりとりを記録する局面で活用することが有効です。

個別監査では、インタビュー等の場面で(口頭で)合意したものの、発見事項一覧や内部監査報告書にした段階で合意が反故されることが良くあります。質問票でのやり取りを行うことで、部門・部署としての見解を正式問いやすくなります。

 

参考元情報・出所:内部監査.infoが作成

新着テンプレート

  1. 「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」全社データ(2020年9月時点)

  2. 事業再編

  3. 前払式支払手段業

  4. 貸金業

  5. 暗号資産・仮想通貨交換業

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 日本銀行「ビッグデータとAIのファイナンスへの利用 」

  2. IIA国際基準の考察(1000 ─ 目的、権限および責任)

  3. IIA「GAMカンファレンス(ラスベガス)」

  4. 経済産業省「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律案」

  5. 金融庁(IOSCO)「暗号資産取引プラットフォームに関する論点、リスク及び規制に係る考慮事項」

  6. 「GOVERNANCE INNOVATION: Society5.0の時代における法とアーキテクチャのリ・デザイン」報告書(案)

  7. ISACA 北米CACS

  8. 金融庁「記述情報の開示の充実に向けた研修会における説明資料」

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 「重箱の隅」と呼ばれてしまう発見事項への対策

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)