個別監査の書式類

監査プログラム 兼 監査調書

業種・業態
全業種・全業態に適用可
対象会社
指定なし

チェックリストのダウンロード

以下のリンクをクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

監査プログラム (108 ダウンロード)

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

概要

「監査プログラム兼監査調書」は、個別監査計画を詳細化したもので、監査上の着眼点や具体的な監査手続を記載したものです。

各監査項目について、具体的なリスクとコントロールを記載し、それぞれについて監査手続と実施結果を記載することにより、それぞれの監査項目の評価結果を記録します。

監査プログラム兼監査調書は、内部監査の主要な成果物の一つで、個別監査でどのような点に着眼し、どのような資料について、どのような監査手続を行い、結果はどうだったのかを記録する重要な手段となります。

参考元情報・出所:内部監査.infoが作成

新着テンプレート

  1. 「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」全社データ(2020年9月時点)

  2. 事業再編

  3. 前払式支払手段業

  4. 貸金業

  5. 暗号資産・仮想通貨交換業

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 金融庁「記述情報の開示の充実に向けた研修会における説明資料」

  2. 経済産業省「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律案」

  3. IPA「DXに対応する人材のあり方研究会」

  4. IIA「Data Governance: What Directors Need to Know Now」

  5. ISACA「Business Continuity–Pandemic Preparation」

  6. 日本取締役協会「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー2019 受賞企業発表 」

  7. 「重箱の隅」と呼ばれてしまう発見事項への対策

  8. 内部監査における情報への無制限のアクセス

  9. 日本銀行「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応 」

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)