企画・部門運営ツール

年間監査結果報告書

業種・業態
全業種・全業態に適用可
業種・業態
小規模法人向け

チェックリストのダウンロード

以下のリンクをクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

年間監査結果報告書 (34 ダウンロード)

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

ポイント

「年間監査結果報告書」は、内部監査部門長が社長や取締役会に対して当年度に実施した個別監査の結果を報告するためのツールです。

内容は、以下の構成になっています。

1.個別監査の実施結果

2.品質管理の実施結果

3.当社の現状課題と今後のあるべき姿

4.内部監査の現状課題と必要な対策

5.翌年度の年間監査計画と必要な人員・予算

本ツールを活用することにより、当年度の結果報告と来年度の計画をいちどきに諮ることができます。

参考元情報・出所:内部監査.infoが作成

新着テンプレート

  1. 「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」全社データ(2020年9月時点)

  2. 事業再編

  3. 前払式支払手段業

  4. 貸金業

  5. 暗号資産・仮想通貨交換業

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. IIA国際基準の考察(2400 ─ 結果の伝達)

  2. IIA「GAMカンファレンス(ラスベガス)」

  3. 総務省「5G国際シンポジウム2020」

  4. ブロックチェーンガバナンスのカンファレンス

  5. 日本内部監査協会「IIA-Bulletin 対策の再考:パンデミックとサイバーセキュリティ(仮訳)」

  6. 日本取引所グループ「新市場区分の概要等の公表について」

  7. DIAMOND Quarterly Online「日本のコーポレートガバナンス その未来を考える」

  8. 日本銀行「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応 」

  9. IIA国際基準の考察(1000 ─ 目的、権限および責任)

  10. 金融庁「ブロックチェーンに関する新しい国際ネットワーク(BGIN)の設立について」

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)