下請取引コンプライアンス

業種・業態
全業種・全業態に適用可
対象会社
下請法適用会社

チェックリストのダウンロード

以下のリンクをクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

下請取引コンプライアンス (39 ダウンロード)

ファイルのダウンロードには会員登録が必要です。

監査目的

1

下請法の遵守に向けた体制・プロセス等について整備状況の有効性を評価する

監査人に求められる専門性

1

下請法に関する基本的な知識・理解

2

組織の管理体制・プロセス構築に関する基本的な知識・経験

監査項目

監査項目
項目数
下請法の理解と社内への周知
5項目
下請法遵守に係る社内体制の整備
14項目
下請法取組状況のチェック
13項目
課題の整理と改善策の立案
12項目

参考元情報・出所:中小企業庁「下請取引コンプライアンス・プログラムで競争力をつける!~社内体制整備のすすめ~」

新着テンプレート

  1. 「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」全社データ(2020年9月時点)

  2. 事業再編

  3. 前払式支払手段業

  4. 貸金業

  5. 暗号資産・仮想通貨交換業

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. IIA国際基準の考察(1220 ─ 専門職としての正当な注意)

  2. 金融庁「銀行と電子決済等代行業者との間の契約締結等の状況について」

  3. ポストコロナを考える

  4. ISACA「Business Continuity–Pandemic Preparation」

  5. 産業用制御システム(ICS)のセキュリティ -10大脅威と対策 2019-

  6. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  7. CIIA「内部監査実践規範(Internal Audit Code of Practice)」

  8. 日本銀行「ビッグデータとAIのファイナンスへの利用 」

  9. 内部監査実施要領・マニュアル

  10. 金融行政とSDGs

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)