金融庁「ブロックチェーンに関する新しい国際ネットワーク(BGIN)の設立について」

金融庁は、2020年3月10日にブロックチェーンのオンラインカンファレンスの模様を公開するとともに、Blockchain Governance Initiative Network(BGIN)について発表しました。この活動は、金融庁的には、2019年のG20の首脳宣言の内容とも整合的であるということでステークホルダーの一員として活動に関与していくとのことです。

https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20200310.html

金融庁および日本経済新聞社によるオンラインパネル討論は、BG2C公式サイトより視聴できます。

https://www.bg2c.net/panel_discussion.html

「BGIN」は中立的な場から、次の3点の目標を掲げています。

  • オープンかつグローバルで中立的なマルチステークホルダー間の対話形成
  • 各ステークホルダーの多様な視点を踏まえた共通な言語と理解の醸成
  • オープンソース型のアプローチに基づいた信頼できる文書とコードの不断の策定を通じた学術的基盤の構築

ブロックチェーンのプレイヤーは非常に多種・多様で、複雑な様相を呈していますが、ブロックチェーンのガバナンスの在り方の一つの重要なコミュニティとしてBGINが位置づけられることになりそうです。

内部監査の視点

ブロックチェーンは、今後5年から10年程度をかけて幅広い領域に適用が進む技術とされています。これまでは仮想通貨のような金融領域が中心でしたが、今後はスマートコントラクト(契約手続)や製造物責任の追跡・トレースといった分野も見込まれています。ブロックチェーンが企業活動や消費・生活活動に広く普及した場合、内部監査の対象となってくる可能性が高く、また、自社がブロックチェーンを活用した事業を行う可能性もあるでしょう。

IIA基準1210.A3でも、内部監査人は、個別監査を遂行するにあたって重要な情報技術(IT) のリスクおよびコントロール手段についての十分な知識を持つことを求められています。ブロックチェーンのすべてを理解する必要はありませんが、内部監査としてリスクとコントロールを評価するためにどのような知識が必要なのか、この点を念頭に置きつつ最新動向をウォッチしていく必要があると思います。

[post_footer]
内部監査.com

内部監査.com内部監査.com

記事一覧

内部監査の総合情報サイト テンプレート・ツール、ニュース、基準・ガイドライン、セミナー・研修、求人等の内部監査に役立つ情報を紹介!

http://xn--v6q806ccrkilz.com

関連記事

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 総務省「モバイル市場の競争環境 に関する研究会 」

  2. 日本内部監査協会「IIA-Bulletin 対策の再考:パンデミックとサイバーセキュリティ(仮訳)」

  3. IIA国際基準の考察(1230 ─ 継続的な専門的能力の開発)

  4. IIA国際基準の考察(基準1300/1310/1311 – 品質のアシュアランスと改善のプログラム)

  5. 金融庁「業界団体との意見交換会において金融庁が提起した主な論点 」

  6. 内部監査の求人動向(2020年2月24日時点)

  7. 金融行政とSDGs

  8. 金融審議会市場ワーキング・グループ 「市場構造専門グループ」報告書 の公表について

  9. IIA国際基準の考察(1320/1321/1322)

  10. IIA国際基準の考察(1112 ─ 内部監査部門長の内部監査以外の役割)

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)