金融庁「記述情報の開示の充実に向けた研修会における説明資料」

金融庁は、2020年3月6日に記述情報の開示の充実に向けた研修会における説明資料を公表しました。

https://www.fsa.go.jp/policy/kaiji/02.pdf

本研修会は、参加者が限定されたこともあり、今回の速やかな資料の講評は評価できると思います。

内容は次のようになっています。

  • コーポレートガバナンス改革と開示
  • 金融審議会ディスクロージャーワーキンググループ報告に基づく開示府令改正の概要
  • 「記述情報の開示に関する原則」の概要
  • 「記述情報の開示に関する原則」 総論のポイント
  • 「記述情報の開示の好事例集」の更新等の概要
  • 財務情報と記述情報(非財務情報)
  • 有価証券報告書と任意の開示書類
  • 研修会参加企業からのコメントを踏まえた記述情報に関するQ&A
  • Q1 経営方針等に関する経営者の認識
  • Q2 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等(KPI)の記載
  • Q3 潜在的なリスクの記載
  • Q4 虚偽記載の考え方
  • Q5 事業等のリスクの区分
  • Q6 事業等のリスクの継続性
  • Q7 ESGやTCFD(※)に関連するリスクの開示
  • Q8 経営者の視点による認識および分析・検討内容
  • Q9 重複する内容の記載方法
  • Q10 キャッシュ・フロー分析の記載
  • Q11 記述情報(非財務情報)と監査上の重要な検討事項(KAM)との関係
  • Q12 財務情報との関係
  • その他
  • 分かりやすい開示
  • 監査の状況に係る情報
  • 政策保有株式:投資家が期待する好開示のポイント(例)

内部監査の視点

2020年~2021度の監査テーマとして、企業内容等の開示に関する内閣府令改正を挙げている内部監査部門もあると思います。今回の資料は陥りがちなリスクの参考となる情報や、記述の好事例(ベストプラクティス)を幅広く示しています。監査計画及び監査プログラムの作成にあたり有益な情報だと思ます。

皆様の組織においても参考されてみてはいかがでしょうか。

[post_footer]
内部監査.com

内部監査.com内部監査.com

記事一覧

内部監査の総合情報サイト テンプレート・ツール、ニュース、基準・ガイドライン、セミナー・研修、求人等の内部監査に役立つ情報を紹介!

http://xn--v6q806ccrkilz.com

関連記事

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. ブロックチェーンガバナンスのカンファレンス

  2. 金融庁「ブロックチェーンに関する新しい国際ネットワーク(BGIN)の設立について」

  3. 日本内部監査協会「内部監査人のためのリスク評価ガイド(第2版) 」

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 総務省「プラットフォームサービスに関する研究会 最終報告書」

  6. 日本公認会計士協会「最近の不適切会計に関する報道等について 」

  7. 総務省「脆弱なIoT機器及びマルウェアに感染しているIoT機器の利用者への注意喚起の実施状況」

  8. DIAMOND Quarterly Online「日本のコーポレートガバナンス その未来を考える」

  9. 証券取引等監視委員会「中期活動方針(第10期)」

  10. 内部監査規程

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)