IPA「情報システムの障害状況一覧」

https://www.ipa.go.jp/sec/system/system_fault.html

IPAは、2020年2月25日に、「情報システムの障害状況一覧」を公表しました。本一覧は、2011年から継続して公表されているもので、今回はその2020年度版となります。

システム障害の件数は、2018年に比べて大幅に増加しています。主な要因としては消費税増税によるものとされています。また、共同利用型のクラウドサービス(AWS等)の大規模障害についても触れており、エマージングリスクの顕在化が浮彫となっています。

内部監査の視点

内部監査におけるシステムリスクは、多くの組織、特に金融機関において、過去10年以上にわたり、トップリスクの一つにあり続けています。 このシステム障害は、大規模かつ複雑なシステムになるほど、また関与するITベンダーの種類が多いほど発生しやすく、また根本的な原因を分析しにくくなります

内部監査が直接的にシステム障害の根本原因を特定することは非常に難しいと思います。
しかし、ガバナンス体制やプロセス面、そして一義的には2線や1.5線といわれるシステムリスク管理部門の機能発揮状況についてアシュアランスや助言・洞察を提供してくことが重要であると思います。

[post_footer]
内部監査.com

内部監査.com内部監査.com

記事一覧

内部監査の総合情報サイト テンプレート・ツール、ニュース、基準・ガイドライン、セミナー・研修、求人等の内部監査に役立つ情報を紹介!

http://xn--v6q806ccrkilz.com

関連記事

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 日本取締役協会「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー2019 受賞企業発表 」

  2. IIA国際基準の考察(2200 ─ 内部監査(アシュアランスおよびコンサルティング)の個々の業務に対する計画の策定)

  3. ISACA 北米CACS

  4. ブロックチェーンガバナンスのカンファレンス

  5. IIA国際基準の考察(1200 ─ 熟達した専門的能力および専門職としての正当な注意/1210 ─ 熟達した専門的能力)

  6. 経済産業省「事業再編研究会」

  7. 経済産業省「ダイバーシティ経営シンポジウム」

  8. 総務省「AI経済社会フォーラムの開催」

  9. 「重箱の隅」と呼ばれてしまう発見事項への対策

  10. 証券取引等監視委員会「中期活動方針(第10期)」

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)