日本取締役協会「経営幹部のためのコーポレートガバナンス研修 」

日本取締役協会は、2020年2月20日に、「経営幹部のためのコーポレートガバナンス研修」について公表しました。

https://www.jacd.jp/committee/de/

研修コースの詳細は、2020年3月以降に公表されるとことです。

昨年度は、全6回で開催され、企業の管理職、執行役員・取締役、その候補者を対象に、一般:350,000円/会員:250,000円(いずれも消費税別)といった内容で開催されました。

内部監査の視点

海外の内部監査部門長は、英文ではCAE(Chief Audit Executive)と呼ばれ、一般的に経営幹部(リーダーシップチーム)の一員です。経営者として経営を実施際に執行する役員の一人であり、経営幹部として高い地位を有します。

今回のこの研修会はまさに経営幹部を対象としたコーポレートガバナンスを学ぶ場であり、また幅広い人脈形成にも役立つものとなるでしょう。

[post_footer]
内部監査.com

内部監査.com内部監査.com

記事一覧

内部監査の総合情報サイト テンプレート・ツール、ニュース、基準・ガイドライン、セミナー・研修、求人等の内部監査に役立つ情報を紹介!

http://xn--v6q806ccrkilz.com

関連記事

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. IIA国際基準の考察(1100 ─ 独立性と客観性)

  2. IIA国際基準の考察(1112 ─ 内部監査部門長の内部監査以外の役割)

  3. 日本取締役協会「経営幹部のためのコーポレートガバナンス研修 」

  4. 東京大学「日本企業における内部監査機能の強化に向けた政策提言」

  5. 「デジタルトランスフォーメーション銘柄(仮称)」の説明会

  6. IPA「情報システムの障害状況一覧」

  7. 総務省「5G国際シンポジウム2020」

  8. 日本取締役協会「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー2019 受賞企業発表 」

  9. IIA国際基準の考察(2200 ─ 内部監査(アシュアランスおよびコンサルティング)の個々の業務に対する計画の策定)

  10. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)