CIIA「Internal audit careers 2020: tools for tomorrow」

CIIAのAudit and risk magazineのブログで、内部監査人の将来についての考察記事が掲載されています。デジタルやテクノロジースキルへの傾向が強まる昨今の状況を踏まえつつも、ビジネスリスクや内部統制の理解、ソフトスキルなど監査人の基本的スキルの重要性を指摘しています。

https://www.iia.org.uk/audit-risk-magazine/features/internal-audit-careers-2020-tools-for-tomorrow/

内部監査の視点

内部監査業務はいわゆる知識労働であり、非定型かつ複雑な問題を取り扱います。したがって専門性が高く、そして高い倫理を持った内部監査人の存在が必要です。内部監査における人材育成や成長は内部監査の質を直接的に左右する重要な要素です。

昨今のテクノロジー企業の台頭により、クラウドやデータ分析、サイバーセキュリティといったテクニカルな面の重要性が高まっています。しかし、一方で内部監査の本質は、独立性・客観性を有する立場からのアシュアランス、洞察、助言の提供であり、監査対象はガバナンス、リスクマネジメント、コントロールです。この本質があって初めて個別分野の専門性があると思います。

この記事の通り、内部監査人は一時のトレンドや潮流に流されすぎることなく、内部監査の本質的な部分の強化に継続的に取り組むべきであると思います。

[post_footer]
内部監査.com

内部監査.com内部監査.com

記事一覧

内部監査の総合情報サイト テンプレート・ツール、ニュース、基準・ガイドライン、セミナー・研修、求人等の内部監査に役立つ情報を紹介!

http://xn--v6q806ccrkilz.com

関連記事

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 金融行政とSDGs

  2. IIA国際基準の考察(2200 ─ 内部監査(アシュアランスおよびコンサルティング)の個々の業務に対する計画の策定)

  3. 第4回 年間内部監査計画

  4. IIA国際基準の考察(基準1300/1310/1311 – 品質のアシュアランスと改善のプログラム)

  5. 内部監査における情報への無制限のアクセス

  6. 金融庁(IOSCO)「暗号資産取引プラットフォームに関する論点、リスク及び規制に係る考慮事項」

  7. IIA「OnRisk2020」

  8. 日本内部監査協会「IIA-Bulletin 対策の再考:パンデミックとサイバーセキュリティ(仮訳)」

  9. NISC「重要インフラ専門調査会 第21回会合」

  10. IIA国際基準の考察(1000 ─ 目的、権限および責任)

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)