総務省「AI経済社会フォーラムの開催」

総務省は、2020年2月13日に「AI経済社会フォーラムの開催」について公開しました。

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02iicp01_04000224.html

シンポジウムは、2020年3月12日(木)に東京の三田共用会議所で開催されます。

1 概要
 2019年(令和元年)6月のG20貿易・デジタル経済大臣会合での提言に沿って、総務省では「インクルーシブなAI経済社会」(様々な主体が、AIとデータを活用し、社会的・経済的活動に積極的に参加し、貢献に応じた分配、充足感、余暇の拡大等を得て、社会全体で豊かさを共有する経済社会)の実現を目指しています。
 近年、人工知能(AI)やIoT、ビッグデータなど最新情報技術の登場により、情報やデータが社会を主導する新しい経済「データエコノミー」が広がろうとしています。データ活用を武器に急成長した米企業大手「GAFA」の登場はその象徴ともいえます。無形資産による新しいイノベーションは生産性の向上を促し、経済のダイナミズムを生む一方で、新たな富の集中などを招き、企業や国家の競争力さえも左右しつつあります。
 今回の「AI経済社会フォーラム」では、「ソーシャルエコノミー」や「シェアリングエコノミー」とも呼ばれる新しいグローバルなデータ経済において、どのような経済社会を目指すべきなのか、そこに何を期待できるのか、国内外の著名な専門家を招き、議論します。
2 日時及び会場
・ 日時:令和2年3月12日(木)10時00分~17時45分(予定)
・ 会場:三田共用会議所(東京都港区三田2-1-8)
3 主催等
・ 主催:総務省
・ 後援:株式会社MM総研、株式会社日本経済新聞社、一般社団法人日本経済団体連合会(予定)
4 プログラム
別紙PDFのとおり
5 参加費及び申込み
・ 参加費:無料
・ 申込み:令和2年2月13日(木)以降、次に掲げるホームページからお申し込み下さい。

 「AI経済社会フォーラム」ホームページ(https://events.nikkei.co.jp/24997/別ウィンドウで開きます)から必要事項を記載し、お申し込みください。(締切:令和2年2月27日(木))
 なお、申込み多数の場合には、抽選等により入場を制限させていただく場合がありますので、予め御了承ください。
 申込みに関するお問い合わせは、「AI経済社会フォーラム 登録事務局」まで御連絡ください。
 電話:03—5159-2215(受付時間 10時00分~17時00分(土、日、祝日を除く))
 電子メール:aiforum2020/atmark/creative-net.co.jp
 ※ 迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。送信の際には、「@」に置き換えてください。

<参考>
 本シンポジウムは、総務省情報通信政策研究所において、AIに関するシンポジウムとして、平成29年(2017年)に開催したシンポジウム(AIネットワーク社会推進フォーラム)に続き、開催するものです。
・ 「「AIネットワーク社会推進フォーラム」(国際シンポジウム)の開催」(平成29年2月17日総務省情報通信政策研究所報道資料)
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000056.html

内部監査.com

内部監査.com内部監査.com

記事一覧

内部監査の総合情報サイト テンプレート・ツール、ニュース、基準・ガイドライン、セミナー・研修、求人等の内部監査に役立つ情報を紹介!

http://xn--v6q806ccrkilz.com

関連記事

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 総務省「AI経済社会フォーラムの開催」

  2. 総務省「AIネットワーク社会推進会議 AI経済検討会(第9回) 」

  3. 総務省「プラットフォームサービスに関する研究会 最終報告書」

  4. 経済産業省「ダイバーシティ経営シンポジウム」

  5. 金融庁「地域金融機関の経営とガバナンスの向上に資する主要論点(コア・イシュー)」

  6. 内部監査の求人動向(2020年2月24日時点)

  7. IPA「DXに対応する人材のあり方研究会」

  8. IIA国際基準の考察(2000 ─ 内部監査部門の管理)

  9. 金融庁「記述情報の開示の充実に向けた研修会」

  10. CIIA「内部監査実践規範(Internal Audit Code of Practice)」

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)