金融庁「業界団体との意見交換会において金融庁が提起した主な論点 」

金融庁は2020年2月14日に業界団体との意見交換会において金融庁が提起した主な論点を更新しました。

https://www.fsa.go.jp/common/ronten/index_3.html

金融庁が対話の中で示した論点は次の通りです。

1.FATF 第4次対日相互審査への対応、マネロンレポートの公表について
2.顧客本位の業務運営について
3.イノベーションの推進に向けた取組みについて
4.台風第 19 号等に対する所要の措置について
5.フィッシング詐欺被害の防止に向けた対応について
6.「経営者保証に関するガイドライン」の特則について
7.LIBOR の恒久的な公表停止に備えた対応について
8.「企業アンケート調査の結果」の公表について
9.コンプライアンス・リスク管理に関する傾向と課題について
10.オープンAPIについて
11.「認知症施策推進大綱」を踏まえた取組みの要請について
12.パッケージ策の進捗状況について
13.サイバーセキュリティ対策の強化について

これまでも金融庁が重点的に取り組んできたものや、最近ウェブサイトで示していたものが中心となっています。

内部監査の視点

金融機関における内部監査のリスクアセスメントにおいては、自らのビジネスや規模・特性を踏まえて実施することが重要です。しかし、今回金融庁が示した論点は近時の共通的な論点としてリスクアセスメントの中でも取り扱えるものが多いと思います。

こうした最近の当局関心事を踏まえつつ、柔軟なリスクアセスメントをしていけることが重要だと思います。

[post_footer]
内部監査.com

内部監査.com内部監査.com

記事一覧

内部監査の総合情報サイト テンプレート・ツール、ニュース、基準・ガイドライン、セミナー・研修、求人等の内部監査に役立つ情報を紹介!

http://xn--v6q806ccrkilz.com

関連記事

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 第3回 リスクアセスメント(2)

  2. 経済産業省「ダイバーシティ経営シンポジウム」

  3. かんぽ生命の特別調査委員会の報告書

  4. 日本公認会計士協会「最近の不適切会計に関する報道等について 」

  5. 日本内部監査協会「CIAチャレンジ試験」

  6. JICPA 仮想通貨交換業者 分別管理 合意された手続(AUP)の実務指針

  7. 日本銀行「サイバーセキュリティの確保に向けた金融機関の取り組みと課題」

  8. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)

  9. ポストコロナを考える

  10. 金融庁「記述情報の開示の充実に向けた研修会における説明資料」

  1. 第7回 品質評価

  2. 第6回 個別の内部監査(2)

  3. 株式会社ディーカレット:企業インタビュー

  4. 第5回 個別の内部監査(1)

  5. 第4回 年間内部監査計画

  6. 第3回 リスクアセスメント(2)

  7. 第2回 リスクアセスメント(1)

  8. 第1回 内部監査とステークホルダーの期待の整理

  9. 最終講(全6講)企業風土監査の薦め ~企業価値の向上と毀損防止・企業変革へ向けて~

  10. 最新の3線モデル(スリーラインズ・モデル)